3つの重要ポイント

賢いキャッシングのポイントは三つ

消費者金融でお馴染みのキャッシング・サービスとは、お金が足りなくて困った時などに手軽に借り入れが出来る素晴らしいサービスのことです。

 

しかし、お金を借りるからには返済の時には利息の支払い負担があることは覚悟しなければなりません。
それゆえに、どうせお金を借りるなら、少しでも負担の少ない賢い借り方をすることが大切になるのです。
そんな賢いキャッシングの利用ですが、それには三つのポイントがあります。

 

まず一つ目は、審査の難易度です。

と言うのも、キャッシングとは審査に通らなければ利用できないものだからです。
よく初心者の人の中には、「キャッシングは申し込めば誰でも自動的にお金を借りることが出来る」と勘違いしてしまうことがありますが、それは明確な間違いです。
たとえ申し込み手続きを完璧に行ったとしても、審査に落ちてしまえば元も子もありません。
その審査とは、年収や勤続年数、それに住居年数や借金の有無などの属性によって判断されます。
ですから年収が人より低いなどは、審査に通りにくくなってしまいます。
そんな人は少しでも審査難易度の低い会社に申し込みましょう。

 

 

次に二つ目は、金利です。

キャッシングには必ず金利が設定されていて、たとえば「金利は実質年率で6.0%から18.0%」などと明記されているはずです。
その金利とは、利息の支払い負担の直結している大切な要素ですので、少しでも低金利の会社からお金を借りたほうが良いのです。
そのほうが確実に負担は小さくて済みます。
ちなみに似たような規模のキャッシング会社があったとしても、純粋な貸金業者と銀行系消費者金融とでは、銀行系のほうが比較的低金利である傾向があります。
ですから低金利の会社を探す際には、まずは銀行系の会社の金利に注目してみましょう。
そうすれば、他社と比べてお得感のある会社を見つけやすくなることでしょう。

 

 

それから三つ目は、審査難易度と金利との兼ね合いについてです。

なぜかというと、実は審査難易度と金利とは、概ね反比例する傾向があるからです。
つまり審査の難易度が低いキャッシングほど金利は高くなってしまい、逆に金利が低いキャッシングほど審査の難易度は高くなってしまうのです。
ですから「なるべく審査難易度の低い会社に申し込む」ことと「なるべく低金利の会社から借りる」こととは、同時に達成することは難しいことなのです。
それゆえに、結局、両者の兼ね合いによって何とか妥協点を見いだしてゆくことが、実際のキャッシング選びの大きなポイントとなるのです。

 

関連ページ

クレジットカードでキャッシング
キャッシングと聞くと、まず消費者金融や銀行のカードローンが思い浮かぶかも知れませんが、クレジットカードでもキャッシングは行えます。
突然の出費に困ったときは
日々の生活の中で、突然まとまったお金が必要になる時があります。