キャッシングで注意すること

キャッシングした場合でもローンを組む前までには、完済できるように計画的に利用するように心がけましょう。

日々生活していく中で、急にお金が必要になることはありませんか?
常にある程度の貯金をしており、お金に困った経験が無い人も多いかと思います。
しかし、世の中にはそのような計画的にお金を貯めれる人ばかりではありません。
そんな貯金がない人が突然お金を必要になった時に頼れるサービスがキャッシングです。

 

まず、キャッシングとはどんなサービスなのか説明します。
キャッシングとはキャッシング機能がついたクレジットカードを保有している人が対象となる言ってみれば借金サービスです。
銀行やコンビニのATMで複雑な手続きをせずにお金を借りることができるサービスです。

 

クレジットカードを作る際にキャッシング機能をつけるかの選択肢があり、そこで設定した限度額までは借りることができます。
お金を借りる際の手続きはかなり楽でATMでお金を引き出す作業とほぼ同じです。
クレジットカードを入れて、暗証番号を入力し、借りる金額を入力します。
その際、返済方法が一括とリボ払いで選ぶことができます。
一括はその名の通り、借りた金額を翌月の引き落とし日にまとめて返済する方法です。
一方、リボ払いは月々の返済金額を一定額に調整して、毎月同じ金額を返済する方法です。
どちらの返済方法でも、元本と利息は合わせて返済します。

 

 

このように、キャッシング機能付きのクレジットカードさえ持っていれば便利に好きな時にお金を借りることができます。
そこで気になるのが利息です。キャッシングの利息は、当然のことながら会社によってバラバラです。
ざっくりと利息は年利で18%が一般的だと思います。

 

このように簡単にお金を借りられるか故に心配なこともあります。
それは借金している感覚がなくどんどん借金が増えてしまう恐れがあることです。
簡単に借りられるからついつい、借りてしまいそれが積み重なる可能性もあります。

 

そして次の問題点は、信用情報に記録されることです。
住宅ローンや車のローンを組むときなどは、ローン会社が信用情報をチェックします。
クレジットカードの使用履歴などを確認すると併せて、事故記録が無いかもチェックします。
それは支払いが遅れていないかということと、キャッシングの残高ぎ無いかという点です。
履歴はある一定期間はデータが残るので将来住宅ローンや車のローンをする予定がある場合はキャッシングをあまりお勧めはできません。
キャッシングした場合でもローンを組む前までには、完済できるように計画的に利用するように心がけましょう。

 

関連ページ

クレジットカードでキャッシング
キャッシングと聞くと、まず消費者金融や銀行のカードローンが思い浮かぶかも知れませんが、クレジットカードでもキャッシングは行えます。
突然の出費に困ったときは
日々の生活の中で、突然まとまったお金が必要になる時があります。
3つの重要ポイント
消費者金融でお馴染みのキャッシング・サービスとは、お金が足りなくて困った時などに手軽に借り入れが出来る素晴らしいサービスのことです。
消費者金融の申込方法
キャッシングをする時は金欠状態になっている事が多いので出来るだけ早くお金を借りたいというのが本音でしょう。
カードローンの返済後
カードローンの契約を行うと、返済が終わった後でもその契約自体は有効のままです。
最短30分で審査が終わるカードローン
カードローンは銀行や消費者金融から提供されていますが、審査の早さといえば、やはり消費者金融に軍配が上がります。