最短30分で審査が終わるカードローン

銀行のカードローンでも最短30分で審査が終わります

■1■
カードローンは銀行や消費者金融から提供されていますが、審査の早さといえば、やはり消費者金融に軍配が上がります。
特に大手の消費者金融では最短30分で審査が終了するので、急ぎの場合には銀行より、消費者金融を利用した方がいいと言えます。
銀行といえば、消費者金融より審査が厳しいというイメージがあります。
カードローンの審査で銀行で落ちてしまっても、消費者金融では通るということも珍しくありません。
この審査を厳しく行っている為、銀行ではどうしても審査に時間が掛かると考えてしまうかも知れませんが、三菱UFJ銀行、及び三井住友銀行のカードローンは共に最短30分をうたっており、大手の消費者金融に負けず劣らずの審査の早さです。

 

■2■
どうしてこの2つの銀行ではカードローンの審査が早いのかという理由ですが、それには保証会社が関係しています。
この保証会社とはその名の通り、カードローンの保証を行う会社です。
どうしても返済が行われない状態になってしまった場合、保証会社が代わりに残りの返済を行います。
それに対して銀行は、契約に応じた保険料を保証会社に対して支払っているということです。
銀行のカードローンには必ずこの保証会社が付いており、三菱東京UFJ銀行の保証会社はアコム、三井住友銀行はプロミスが保証会社です。
この2つの消費者金融はご存知のように、日本で1、2を争う大手の消費者金融で、共に最短30分を誇る審査システムを所有しています。
銀行のカードローンはこの保証会社の審査システムを利用して審査を行っているので、これらの銀行のカードローンは審査が早いのです。

 

 

■3■
保証会社は万が一の時は残りの返済を行わなくてはいけない為、もちろんきちんとした審査を行います。
大手の消費者金融では最新の審査システムや、これまでのノウハウから、かなり早く審査を行うことができます。
これはそれぞれの消費者金融としての審査でも同様です。
保証会社が大手の消費者金融の場合、この審査方法こそ同様ですが、やはり消費者金融と銀行では審査基準が多少異なります。
現在ではカードローンの審査はコンピュータを使用して行っています。
システムは同様でも、その判定の際の厳しさが消費者金融の審査と銀行の審査では違うと考えてください。
その為、終了までの早さは同等でも、やはり銀行の方が審査が厳しいことに変わりはありません。

 

■4■
このように大手の消費者金融が保証会社になっている銀行では審査の早さは消費者金融並ですが、だからといって、審査に通りやすいということではありません。
ですが、そのような銀行はすぐに結果が出るので、即日融資を受けたい場合でも、消費者金融に申込みを行う前にまず審査を受けてみるという手があります。
時間的に余裕のない場合は別ですが、午前中に申込みを行える場合はまずは金利の低い銀行に申込みを行い、もし落ちてしまった時に、改めて消費者金融に申込みを行ってもいいかも知れません。

 

関連ページ

クレジットカードでキャッシング
キャッシングと聞くと、まず消費者金融や銀行のカードローンが思い浮かぶかも知れませんが、クレジットカードでもキャッシングは行えます。
突然の出費に困ったときは
日々の生活の中で、突然まとまったお金が必要になる時があります。
3つの重要ポイント
消費者金融でお馴染みのキャッシング・サービスとは、お金が足りなくて困った時などに手軽に借り入れが出来る素晴らしいサービスのことです。
消費者金融の申込方法
キャッシングをする時は金欠状態になっている事が多いので出来るだけ早くお金を借りたいというのが本音でしょう。
カードローンの返済後
カードローンの契約を行うと、返済が終わった後でもその契約自体は有効のままです。